クリニックブログ

クリニックブログ

2015.10.10

全般性不安障害の原因って?【心療内科ブログ】

全般性不安障害(GAD)の原因は何でしょうか?

全般性不安障害(GAD)とは特別な理由がないのに長期間(診断基準では6か月以上)不安が続くことで心や体に様々な症状が現れる病気です。

 

 

全般性不安障害(GAD)の診断について

物事に過敏に反応する、落ち着かずに緊張する、集中力の低下、筋肉の緊張、疲れやすくなる、不眠や睡眠障害などの症状のうち3つ以上当てはまると全般性不安障害と診断されます。

全般性不安障害の患者数はパニック障害の患者数の3~4倍で、1000人中64人が経験するという調査結果があります。

 

全般性不安障害の原因は生活上のストレスであることが多いとされていますが、具体的に何が直接の原因となるかは個人差があります。全般性不安障害の治療は薬物療法によって不安を軽くしてから精神療法などによって不安を自分でコントロールできるようにするのが一般的です。

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。